胃腸を強くする方法

スポンサーリンク

日本では毎年12万人が胃がんを発症。

毎年5万人が亡くなっているそうです。

胃がんの原因は、みなさんもご存知の通り、ピロリ菌です。

ピロリ菌は、胃の中に慢性的な炎症を起こします。

それががんの原因になります。

胃を強くするためにはどのような方法があるのでしょうか?

今回は胃を強くする方法について調べました。

胃の知覚過敏を治す

胃がん予防のためにピロリ菌の除去を行っても、胃の不調を訴える人がいます。

そういう人は、機能性胃腸障害(ディスペプシア)という症状が出ているそうです。

1.胃酸の出すぎ(胃酸への知覚過敏)
2.胃の動きが悪い(胃の運動不全)
3.ストレス(脳からのストレスホルモンによる)

上記のような状態だと、胃カメラで異常がなくても、不調を訴える人がいるのです。

これは、胃が過敏になりすぎているという状態。

過敏すぎる胃を強くするためには、唐辛子のカプサイシンがいいそうです。

唐辛子で、胃のもたれ、みぞおちあたりの不快感、吐き気などが緩和されます。

スポンサーリンク

胃に良くない食材をとらない

塩分や脂が多い食べ物を食べると、胃酸が多く出ます。

過剰に胃酸が出ると、胃炎や食道炎の原因になります。

胃が荒れていると、消化能力が下がる。消化されていないまま腸に運ばれても、栄養にならない。胃が荒れているせいで、栄養を吸収できない体になってしまっているんです。

これは僕も初めて知りました。怖いです。

だからいくらサプリメントを飲んでも、健康にいい食事をしても、胃が荒れていると、栄養を吸収する力が弱まってしまっているから、ほとんど効果がなくなるそうです。

スポンサーリンク

そんな時に効くのがニンニク。

そして、キャベツだそう。

塩分や脂をひかえて、ニンニク、キャベツ、そしてブロッコリーをとると、胃を強くすることができるそうです。

腸内細菌の種類を増やす

腸内細菌が健康に深く関わっているのはみなさんもご存知でしょう。

栄養を吸収する場所は腸。

腸が健康でなければ、何も食べようが意味がないということです。

腸を元気にするためには、腸内細菌の種類を増やすこと。

そのためには、同じものばかりを食べないようにすることが大切。

腸内細菌を増やしたいなら、ヨーグルトやキムチ、味噌などの発酵食品をとること。

大切なのは、腸内の乳酸菌の種類を増やすこと。

だから同じヨーグルトばかりを食べないで、色々な種類のヨーグルトを食べたほうが良いということ。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで胃を強くする方法について書いてきました。

まず、唐辛子で過敏すぎる胃を鍛える。

脂や塩分をひかえて、ニンニク、キャベツ、ブロッコリーを意識して食べる。

そして、腸を元気にして、健康的な体を作る。そのためには、色々な種類の乳酸菌を腸の中で働かせることが大切だということ。

胃を強くするために、具体的な方法を調べましたが、やはり、そう簡単に食生活に上記のようなものを定期的に取り入れるのは難しいでしょう。

しかも、腸内最近の種類を増やすことも、よっぽど意識していないと、定着しないような気がします。

キャベツ。七味唐辛子。様々な納豆。

これなら、食生活に取り入れやすいかもしれません。

僕も意識して取り入れてみるようにしようと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする