鉄分の重要性

スポンサーリンク

皆さんは鉄分の重要性をご存知だと思います。

不足すると貧血の原因にもなる。

そもそも鉄分とはどのような働きを体の中で行っているのでしょうか?

血液の成分になる

体にある鉄分の7割は血中のヘモグロビンの成分になります。

ヘモグロビンは酸素と結合し、体に酸素を運びます。

ですから、鉄分が不足すると、ヘモグロビンが減り、体に酸素が行き渡らなくなります。

これは非常に恐ろしいことです。

身体の中に蓄えられる

血中以外にある鉄分の25%は、肝臓や骨髄にたくわえられています。

鉄分が不足した際は、この蓄えられた分が、ヘモグロビンの成分になります。

鉄分が不足した時に備えて、蓄えられている分があるということです。

また、鉄分は筋肉中にも蓄えられていて、筋肉に酸素を送ってもいるそうです。

体に酸素を送るという働きに、鉄分はかかせないということになります。

酵素の成分になる

薬剤を代謝する酵素。そして、筋肉を収縮させる際に必要となる酵素の成分になるそうです。

鉄分が不足するとどうなるか?

鉄分は赤血球の成分であるヘモグロビンを作っています。

鉄分が不足すると、ヘモグロビンが減少。貧血になります。

貧血の7割は鉄分不足による、鉄欠乏性貧血だと言われています。

そうなった場合は、次のような症状が現れます。

スポンサーリンク

・頭痛

・息切れ

・身体がだるい

・疲れやすい

・動悸

・顔色が悪い

・爪がスプーン状になる

・爪が割れやすい

・枝毛や抜け毛が増える

最近疲れやすいと感じたり、体がだるいと感じることがあったら、それは鉄分の不足かもしれません。

女性が貧血になりやすい原因は?

鉄分は体内に蓄えることはできます。

でも、体内で作り出すことができないため、食品からとる必要があります。

過度なダイエット。偏った食事などで必要な鉄分がとられないと、貧血になります。

また、女性に貧血が多い理由は以下のようなものがあります。

・月経や婦人科系の疾患(子宮筋腫、子宮内膜症など)による出血がある

・貯蔵鉄の量が男性と異なり、体内に鉄分を貯えられる量が少ない

・血液を作る作用を持つ男性ホルモン(テストステロン)が男性と比べて少なく、造血作用が弱い

・妊娠や授乳などで鉄分をより多く必要とする

これはもう、男女の体の構造上仕方のないことですから、女性は意識して鉄分をとる必要があるということですね。

女性は出血があるし、蓄えられる量も少ない。

そして、血液を作る力も男性に比べて少ない。

特に貧血になりやすい女性は覚えておいたほうがいい知識です。

鉄分、生きていく上で非常に重要な働きをしているということがわかりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする