瞑想を生活に取り入れる

スポンサーリンク

今回は瞑想をテーマに文章を書いていきたいと思います。

瞑想と言うと、なんだか宗教じみた言葉に聞こえるかもしれません。

ここで言う瞑想とは、そんなに深いものではありません。

目を閉じてリラックスした状態で、自分の呼吸に集中するという程度のものです。

欧米ではマインドフルネスという言葉が流行っています。

ビジネスマンもマインドフルネスを日常の生活、そしてビジネスを行う上で取り入れています。

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり[1][2][3]、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる[2][4][5]。マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」といった説明がなされることもある[6]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9

マインドフルネスとは簡単に言うと、今自分が経験していること、感じていることに対して、自分の評価をせずに、素直に客観視すること。

といったところでしょうか。

日頃の疲れや精神的なストレス。

無意識のうちにイライラすることが多くなるのは人間として当然のことです。

そのイライラに対して、感情的になってしまうと、一日中思い出したくないことが頭の中をよぎってしまうでしょう。

私は今イライラしている。

ただその感情を客観的に見てみる。

そこからマインドフルネスは始まるのだと思います。

スポンサーリンク

感情のセルフコントロールにもつながっていく方法ですね。

それに対して瞑想というのはもっと深いところにあると思います。

感情や経験よりももっと前の事。

考えることをストップして頭の中を空っぽの状態にすること。

それが瞑想だと言います。

僕は今まで瞑想について何度も記事を書いてきましたが、この記事を書いている今も、瞑想について全く忘れていました。

嫌なことがあった日。辛いことがあった日。

家に帰ってきてから、その感情を引きずるのではなく、リラックスした音楽をかけたりして、部屋の明かりを暗くして、瞑想をする準備に入る。

具体的に瞑想とはどういう風にやるのかと言うと。

目を閉じる。

頭の中にあらゆる思考が巡り始める。そうなってしまったら自分の呼吸に意識を集中させる。

鼻から大きく息を吸い込みゆっくりと吐き出す。

その一つ一つの動作を大切に行い、呼吸をする音だけが体の中で響いているようなイメージをする。

これを毎日1分でもいいから、習慣にしてみる。

僕も何度も瞑想を習慣にしようとしては、完全に忘れていました。

このやり方なら分かりやすいような気がします。

この原稿を書き終わってから早速瞑想を行ってみたいと思います。

基本のサプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする