自分のベスト体重を維持する

スポンサーリンク

みなさんは普段の生活で、自分のベストの体重を意識しているでしょうか。

僕のベスト体重は63キロです。

身長は174センチ。

でも今は70キロあります(笑)

いつの間にか70キロをキープしていたらOKみたいな雰囲気になってきています。

ベストの体重を知るのに参考になるのがBMI値。

「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」

僕の場合は70÷(1.74☓1.74)≒23.12

身長☓身長の方を先に計算してください。

「BMI値」が18.5以下であれば痩せすぎ、18.5~25.0であれば健康的、25.0以上であれば肥満体型。

僕は健康的ということになります。

自分では納得がいきません。もうちょっと痩せているほうが動ける感じがします。

ここからは、ベストの体重を維持する方法を紹介していきたいと思います。

毎日体重計にのること

見た目にはわからなくても、体重は日々変化しています。

毎日体重計にのることで、太り過ぎや運動不足を意識することができます。

銭湯で、体重計に乗っているおじさんの意味がわかりました(笑)

他人を参考にしない

例えば自分の体重が納得いかない。

テレビで見たモデルさんのようになりたい。

次の日から無理な絶食を始める。

そのようなことはやめたほうがいいということです。

問題なのは、あくまで自分のベストな体重。

自分にフォーカスして、他人になることを目指さないようにしましょう。

朝1杯のレモン水を飲む

レモンを絞って水に溶かすのがいいのでしょうが、市販のレモン汁でもいいと思います。

レモン汁には身体に不要な毒素を体の外へ排出する効果があるそうです。

一時期僕も習慣づけようとしましたが、やめてしまいました。

一人暮らしの男の台所に、レモン汁があるという風景が虚しく映ったからです(笑)

レモン水を実行できる人は、朝1杯飲んでみてください。

スポンサーリンク

毎日3食食べる

朝昼晩、毎日三食きちんと食べることは、ベスト体重を維持するためには大切なポイントです。ほぼ同じ時間に三食をとることで、ヘルシーな食生活を保つだけでなく間食を減らす効果があるといわれています。
また、朝食をきちんととることで1日中活発に行動でき、エネルギーの消費をうながす効果も期待できます。

https://googirl.jp/daieltuto/160804weight001/

ここでポイントなのは、同じリズムでご飯を食べるということだと思います。

そうすることで、間食をしなくてもすむ。

朝から活発に行動できて、エネルギーを消費していくという姿勢を体に覚え込ませることが出来ます。

僕はサラリーマン時代、全く朝ごはんを食べませんでした。

朝からエネルギー不足。

体は、この人はエネルギーを取らないから、一日エネルギー消費を抑えようと思ったに違いありません。

そうなると、仕事の能率も悪くなりますし、エネルギーも消費されていかないから、夜に大量に食べてしまうという結果になってしまいます。

過度な我慢をやめてみる

甘いものや、脂っこいものをとりすぎるのは、よくありません。

でも、ダイエット中だから甘いものを一切食べないというのも良くないでしょう。

甘いものが食べたいということは、糖分を体が欲しているということです。

そこで高カロリーの甘い物をとるのではなく、フルーツやチョコレートなど、健康的なものをとるといいのではないかと思います。

以上自分のベストな体重を維持する方法を考えてきました。

自分のベストな体重を知る。

他人と比べない。

食生活の時間のリズムに気を使う。

間食に気を使う。

そして、最後は適度な運動と質の高い睡眠で、健康的な体を維持すること。

僕も自分の中で無意識に妥協していた70キロという体重を、ベストの63にもっていきたいと思います。

ザ・コラーゲン オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする